資料収集の協力について

更新日:2018年03月23日

波佐見の「宝」を探しています

波佐見町の宝を展示している写真

 文化財保護係では、波佐見焼をはじめとする陶磁器、やきもの製作道具(ロクロ・ヘラ・トンボ等)、農機具(すき・くわ等)、生活全般にかかわる様々な道具(鍋・鏡・漆器等)、古文書・書籍類などで、とくに昭和40年代以前に作られた資料を収集しています。それらの品々にお心当たりのある方がございましたら、下記までご一報ください。
 実物を拝見、鑑定の上、とくに重要なものについては、寄贈(無償で教育委員会に与える)、及び、寄託(無償で教育委員会に預ける)のご相談をさせていただきます。

 古いものや壊れたものは「ゴミ」として捨てられますが、その中には、波佐見の人々の暮らしぶりを伝える素晴らしい「宝」が眠っている場合があります。寄贈・寄託いただいた品々には波佐見町の「宝」として永久に保存・保管し後世に伝え、また、今後折に触れて展示していく予定です。町民の皆様のご協力をよろしくお願いします。

この記事に関するお問い合わせ先

波佐見町教育委員会 文化財保護係

電話番号:0956-85-7355
ファックス:0956-85-7355
メールフォームからのお問い合わせ