犬の飼い方について

更新日:2018年03月23日

犬は大切な家族の一員です。ただし、犬を飼うには周囲に迷惑や危害を及ぼさない心配りとしつけが大切です。犬の習性をよく知ったうえで、思いやりを持って飼いましょう。

犬を飼われている方は、登録が必要です。

 生後91日以上の飼犬は、登録(生涯1回)と狂犬病予防注射(毎年1回)が法律で義務づけられています。また、鑑札と注射済票は必ず首輪に付けてください。もしも、犬がいなくなった場合、その番号で飼い主を見つけ出すことができます。

 登録及び注射を受けていない犬や,放し飼いの場合は野犬として捕獲されることがあります。

  • 登録料 3,000円
  • 注射料(集団接種の場合)2,700円
  • 注射済票 550円

犬の放し飼いは、町の条例で禁止されています。

散歩のときも、必ず引き綱をつけましょう。

必ず、「フン」の後始末をしましょう。

公園や路上に放置された「フン」は非常に迷惑です。
散歩中、「フン」をしたときは、飼い主が責任をもって処理しましょう。

鳴き声・悪臭にご用心。

むだぼえしないようにしつけましょう。飼っている場所を清潔に心がけましょう。

捨て犬・捨て猫は絶対にしない。

捨てられた犬や猫は病気などで不幸な結末となります。飼い主の責任で避妊・去勢手術を受けさせましょう。

犬・猫にエサだけを与えている人へ。

飼うなら責任をもって、他の人へ迷惑をかけないように正しく飼いましょう。


登録済の犬が死亡、譲渡又は飼い主の変更があった場合は役場住民福祉課までご連絡ください。

この記事に関するお問い合わせ先

波佐見町役場 住民福祉課 環境衛生係

電話番号:0956-85-2111(代表)
ファックス:0956-85-5581
メールフォームからのお問い合わせ