こどもの予防接種

更新日:2022年05月16日

 お母さんからお子さんにプレゼントされた、病気に対する抵抗力(免疫)は、成長とともに自然に失われていきます。そのため、お子さん自身で免疫をつくって病気を予防する必要があり、その助けとなるのが予防接種です。

 子どもは成長とともに外出が増え、人との接触の機会も多くなり、感染症にかかる可能性も高くなります。

 予防接種を正しく理解し、お子さんの健康管理にお役立てください。

予防接種を受けるときの注意

  • 希望する医療機関に予約をしてください。

※県内の医療機関で接種できます。(下に、町内予防接種実施医療機関一覧掲載)

  • 母子手帳と予診票を必ず持参してください。

※予診票は赤ちゃん訪問時にお渡ししています。紛失した場合は、健康増進班までお問い合わせください。

  • 体温が37.5度以上の場合は接種できません。
  • 年間を通して接種することができます。体調の良いときに計画的に受けましょう。
  • 定められた期間に接種できなかった場合、接種費用は自己負担となりますのでご注意ください。

予防接種の種類

予防接種の種類 標準的な接種期間

回数

接種間隔
B型肝炎 生後2か月~生後9か月未満 3回 27日以上の間隔で2回接種後、1回目接種から139日以上の間隔で3回目を接種
ロタウイルス 1価 【初回】生後2か月~14週6日まで 生後24週まで 2回 27日以上の間隔で接種
5価 生後32週まで 3回
ヒブ

【初回】生後2か月~7か月未満に接種開始

【追加】初回3回接種後、7か月~13か月の間隔で接種

※接種開始時期によって、接種方法が異なります。

4回 初回3回 27日以上の間隔で接種
追加1回 初回3回接種後、7か月以上の間隔で接種
小児用肺炎球菌

【初回】生後2か月~7か月未満に接種開始

【追加】初回3回接種後60日以上の間隔で、生後12か月~15か月未満の間に接種

※接種開始時期によって、接種方法が異なります。

4回 初回3回 27日以上の間隔で接種
追加1回 初回3回終了後、60日以上の間隔で、1歳を超えてから接種
四種混合

【初回】生後3か月~1歳未満

【追加】初回3回接種後、12か月~18か月未満の間に接種

4回 初回3回 20日以上の間隔で接種
  追加1回 初回3回終了後6か月以上の間隔で接種
二種混合 11歳以上12歳未満 1回  
BCG 生後5か月~8か月未満 1回  

麻しん

風しん

【1期】 1歳~2歳未満 1回  
【2期】小学校就学前の1年間 1回  
水痘

【1回目】生後12か月~15か月未満

【2回目】1回目接種後、6か月~12か月の間隔で接種

2回 3か月以上の間隔で接種
日本脳炎 【1期初回】3歳~4歳未満 4回 2回 6日以上の間隔で接種
【1期追加】4歳~5歳未満 1回 1期初回2回接種後、6か月以上の間隔で接種
【2期】9歳~10歳未満 1回  

平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれの方で、1期初回から1期追加までの3回の接種がお済でない方は13歳未満の間に未接種分を接種することができます。

平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれの方で、1期初回から2期までの4回の接種がお済でない方は20歳未満の間に未接種分を接種することができます。

子宮頸がんワクチン 小学6年生~高校1年生に該当する年齢の女子 3回 2価:1か月以上の間隔をおいて2回接種。1回目から5か月以上、2回目から2か月半以上の間隔で3回目接種
4価:1か月以上の間隔をおいて2回接種。2回目から3か月以上の間隔で3回目接種

※令和3年11月の厚生労働省の審議会の結果、積極的勧奨差し控えが終了となったため、令和4年度より接種対象者への勧奨を再開します。

 

令和4年度 予防接種実施医療機関(町内)

医療機関名 ロタ B型肝炎 ヒブ 小児用肺炎球菌 四種混合

BCG

MR 日本脳炎 水痘 二種混合 子宮頸がん
1期 2期 1期 2期
中尾野中医院                  
西の原野中医院
こうの内科医院                  
松尾医院                  
はすわ診療所            
いちのせ内科循環器科                        
小鳥居内科脳神経内科クリニック                    
藤下内科医院                    
この記事に関するお問い合わせ先

波佐見町役場 子ども・健康保険課 健康増進班

電話番号:0956-80-6650
ファックス:0956-85-2337
メールフォームからのお問い合わせ