【新型コロナウイルス感染症関連】子育て世帯への臨時特別給付金について

更新日:2020年06月09日

新型コロナウイルス感染症の影響を受けている子育て世帯の生活を支援する取組の一つとして臨時特別の給付金(令和2年度1回限り)を支給します。

臨時特別給付金チラシ(PDF:692.6KB)

制度の目的

新型コロナウイルス感染症の影響を受けている子育て世帯を支援する観点から、児童手当(本則給付)を受給する世帯(0歳~中学生の児童のいる世帯)に対し、臨時特別の給付金を支給することにより、子育て世帯に対する適切な配慮を行うことを目的とします。

対象者

  • 令和2年4月分の児童手当受給者
  • 令和2年3月分の児童手当受給者のうち、その支給対象児童が15歳に達した日以後の最初の3月31日を経過した、または死亡したことにより、受給事由が消滅した者

※所得制限限度額以上のため、特例給付として児童一人につき月額5,000円の支給を受けている受給者は支給対象外となります。 

※児童手当の制度についてはこちら 児童手当についてのページへのリンク

支給額

児童手当の支給対象児童一人あたり10,000円

申請および支給方法

公務員以外の方(一般受給者)

  • 申請不要で児童手当を受給している口座に、6月中旬頃振込予定です。
  • 口座は原則、児童手当を受給している口座になります。口座を解約した場合等やむを得ない場合は、口座の変更を届け出てください。変更のお手続等については、役場子ども・健康保険課子育て支援班までお問い合わせください。
  • 対象者には、5月下旬に案内等を送付します。
  • 支給を希望しない場合、5月25日(月曜)までに受給拒否の届出書を提出してください。届出先は役場子ども・健康保険課になります。郵送での申請も可能です。

受給拒否届出書(様式1号)※公務員以外(Excelブック:27.4KB)

公務員の方

  • 公務員の方は申請が必要です。給付金申請書(様式第3号)※公務員(Excelブック:98.2KB)
  • 所属庁から配布される申請書に必要事項を記載し、所属庁から支給対象者であることの証明を受けて、役場子ども・健康保険課子育て支援班へ提出してください。
  • 公務員の方の申請受付期間は、令和2年6月1日(月曜)から9月30日(水曜)までです。期間中に必ずご提出下さい。
  • 公務員の方へは申請後、随時支給を行います。

※公務員の方については、基準日(令和2年3月31日。ただし、令和2年4月より新高校1年生となった児童については同年2月29日。)時点で住所を有していた市町村に対して申請を行う必要があります。なお、基準日前後に転居した場合については、転出予定日が基準日以前であれば転出先の市町村へ、転出予定日が基準日の翌日以降であれば転出前の市町村へ申請を行ってください。

その他

  • 申請内容に不明な点があった場合、役場子ども・健康保険課から問合せを行うことがありますが、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振込みを求めることは、絶対にありません。もし、不審な電話がかかってきた場合は、すぐに波佐見町の窓口又は最寄りの警察にご連絡ください。
  • 支給対象者に対し、令和2年3月31日時点において波佐見町が把握する児童手当振込時における指定口座(支給前までに指定口座の変更を届け出ている場合は、当該届出をした指定口座)に子育て世帯への臨時特別給付金として支給を行う手続を行ったにもかかわらず、令和2年12月末日までに指定口座への振込が口座解約・変更等によりできない場合は、子育て世帯への臨時特別給付金を支給されません。
  • DV被害によりお子さんとともに避難されている方等へ、子育て世帯への臨時特別給付金を支給する場合、他方の配偶者等は支給を受けられません。
  • 子育て世帯への臨時特別給付金の支給を受けた後に支給対象者の要件に該当しないことが判明した場合や、偽りその他不正の手段により子育て世帯への臨時特別給付金の支給を受けた場合は、支給した子育て世帯への臨時特別給付金の返還を求めます。
  • 子育て世帯への臨時特別給付金の支給を受ける権利は、譲り渡し、又は担保に供してはいけません。
  • ご不明な点がありましたら、役場子ども・健康保険課子育て支援班までお問い合せください。 
この記事に関するお問い合わせ先

波佐見町役場 子ども・健康保険課 子育て支援班

電話番号:0956-85-2333
ファックス:0956-85-5581
メールフォームからのお問い合わせ