波佐見町高齢者福祉計画及び第8期介護保険事業計画について

更新日:2021年04月01日

高齢者がいきいきと仕事や地域で活躍できる町をめざして

本計画は「第5次波佐見町総合計画」の将来像である「人と心がかよいあう 陶磁と緑のまち 波佐見」の実現に向けた高齢者保健福祉の分野別計画・個別計画としての位置づけを持つものとなります。

本町では、6期、7期介護保険事業計画で進めてきた2025年に向けた「地域包括ケアシステム」の構築の実施の評価を行うとともに、2040年を見据えた中・長期的な整備を引き続き行っていきます。そのための第8期のポイントは次の7点です。

  1. 2025年・2040年を見据えたサービス基盤、人的基盤の整備
  2. 地域共生社会の実現
  3. 介護予防・健康づくり施策の充実・推進
  4. 有料老人ホーム・サービス付き高齢者住宅に係る情報連携の強化
  5. 認知症施策推進大綱等を踏まえた認知症施策の推進
  6. 地域包括ケアシステムを支える介護人材確保及び効率化の取組強化
  7. 災害や感染症に係る体制整備

このため、高齢者福祉サービスの整備を検討し、多くの高齢者が健康で、仕事や地域の中の活動などで役割を担いつつ活躍できる取り組みの充実を図っていくことを目指し、令和7年を見据えた中長期的な計画の3期目の計画として、『波佐見町高齢者福祉計画及び第8期介護保険事業計画』を策定しました。

計画期間

令和3年度~令和5年度

基本理念

共に支えあい いきいきと生活できるまち 波佐見

基本目標

高齢者が安心して暮らし続けることができるよう、本計画の目指す姿の実現に向けた施策展開を、高齢者の暮らしに応じた3つの目標に分け、地域の関係機関の連携により実現します。

1.健康でその人らしく暮らすことができるまちづくり

2.地域特性を活かした地域支援事業の推進

3.医療・介護・福祉などのサービス提供基盤の整備

計画書

この記事に関するお問い合わせ先

波佐見町役場 長寿支援課 長寿介護班

電話番号:0956-80-6655
ファックス:0956-85-2337
メールフォームからのお問い合わせ