地域包括支援センター

更新日:2018年04月06日

 地域包括支援センターは、高齢者のみなさんが住み慣れた地域で安心して生活できるように介護・福祉・健康・医療など様々な面から支援を行なう総合相談機関です。

ケアマネージャーと保健師と社会福祉士のイラスト

3つの立場の専門家が、連携を取りながらチームで高齢者をサポートします。

地域包括支援センターの主な業務

1.介護予防ケアマネジメント業務

要支援認定者や事業対象者の方に、本人の自立支援につながる適切なサービスを提供するための計画を作成したり、各種調整を行います。

2.総合相談業務

高齢者やその家族からの保健・医療・福祉・医療等に関する様々な相談ごとに対応し、必要なサービスの利用につなぐ等の支援を行います。

3.権利擁護事業

高齢者虐待に関する通報窓口や、消費者被害の相談窓口になっています。高齢者の権利を守るための相談・支援を行います。

4.包括的・継続的ケアマネジメント事業

主任ケアマネージャーが中心となって、高齢者のみなさんにとって暮らしやすい地域にするため、地域の様々な機関とのネットワーク作りや、地域の介護支援専門員(ケアマネージャー)の日常的な相談・指導などを行います。

その他の業務

  • 介護予防に関すること 
  • 認知症施策に関すること
  • 在宅介護・医療連携業務に関すること

等も行っています。

このページについてのお問い合わせや相談などは・・・

介護保険班・地域包括支援センター直通電話番号 0956-85-2976

  • 相談は電話でも構いません。希望により訪問も行います。
  • 秘密は厳守致します。
この記事に関するお問い合わせ先

波佐見町役場 健康推進課 介護保険班

電話番号:0956-85-2976
ファックス:0956-85-5581
メールフォームからのお問い合わせ