熱中症予防について

更新日:2018年08月07日

熱中症にご注意ください

連日、気温が高い日が続いており、今後も厳しい暑さが予想されます。熱中症に警戒してください。

熱中症は運動時や屋外に限らず、気温や湿度の高い建物や閉め切った屋内で起こります。熱中症にならないよう、部屋の温度などを確認してください。

熱中症とは

熱中症は、高温多湿な環境に長くいることで、体内の水分や塩分のバランスが崩れ、熱を外へ逃がすことができなくなり、体に熱が溜まったままの状態を指します。

熱中症は脳へ流れる血液量が減って、頭痛やめまいがおき、ひどくなるとけいれんや意識障害を発症し、死に至る場合があります。

【主な症状】

めまい、体のほてり、立ちくらみ、手足のしびれ、こむら返り、頭痛、嘔吐、倦怠感、虚脱感、呼びかけに反応しない、意識喪失、けいれん

熱中症のかかりやすさを確認しましょう

環境省では、熱中症のかかりやすさを示す「暑さ指数(WBGT)」を公表しています。情報を随時確認し、熱中症予防に役立てましょう。

熱中症の予防について

暑さを避けましょう

・日中の屋外での作業や運動は、できるだけ控えましょう。

・帽子をかぶる、日陰を歩くなどして直射日光を避けましょう。

・屋内では、扇風機やエアコンを使い部屋の温度調整に心がけましょう。

服装を工夫しましょう

・汗を吸いやすく風通しの良い素材の服で、軽装をしましょう。

・黒色系の素材は熱を集めやすいため、避けましょう。

体調管理に気を付けましょう

・のどが渇く前に、こまめに水分補給をしましょう。

・汗をかいたら、スポーツ飲料などで水分だけでなく塩分も補給しましょう。

・しっかりと睡眠をとり、寝不足を避けましょう。

・朝食をきちんと食べましょう。

・深酒や二日酔いを避けましょう。

熱中症の疑いのあるときは

涼しい場所へ移動する

・風通しのよい日陰やエアコンが効いている室内など、涼しい場所へ移動してください。

体を冷やす

・衣服を脱がせ、うちわや扇風機などで体を冷やします。

・首のうしろ、わきの下、足の付け根などに水をかけたり氷のうを使い冷やします。

水分と塩分を補給する

・冷たい水を飲ませます。

・汗をかいている場合は、スポーツドリンクなどを飲ませます。

※ただし、自力で飲めない場合や、吐いている場合は飲ませません。

医療機関を受診する

・意識がはっきりしない場合や、けいれんを起こしていたり、自力で水を飲めないときは、すぐに、救急車を要請してください。

・意識があり自力で水を飲める状態でも、症状が改善しない場合は、医療機関を受診しましょう。

 

この記事に関するお問い合わせ先

波佐見町役場 健康推進課 健康増進班

電話番号:0956-85-2483
ファックス:0956-85-2337
メールフォームからのお問い合わせ