後期高齢者医療制度

更新日:2018年10月18日

後期高齢者医療制度は、75歳以上の方が加入する健康保険です。(生活保護を受けている方は対象外となります)
ただし65歳以上で一定の障害がある方は、県後期高齢者医療保険広域連合に申請して認定を受けると、後期高齢者医療制度に加入することが出来ます。加入者は下記のとおり給付が受けられます。

受けられる給付は

療養の給付

(病気やけがをしたとき)保険証を使って病院などで診療を受けるとき、患者の負担が1割または3割で、残りは後期高齢者医療制度が負担します。

療養費の支給

旅行中、急病のため保険証を持たないまま病院にかかった(医療費の全額を支払った)場合など、申請すると払い戻しが受けられます。(一定の審査基準があります)

葬祭費の支給

被保険者が死亡したときに支給されます。(申請が必要です)

高額療養費の支給

入院などで高額の医療費を支払った場合、後日一定額を超えた分について、登録した口座に払い戻しがあります。適用対象外となる費用などもありますので、役場国保年金係にお尋ねください。

高額療養費合算療養費の支給

医療と介護サービスの自己負担額の合計が年間で一定額を超えた分について、申請すると払い戻しがあります。

保険料は

後期高齢者医療保険料は所得割と均等割の合計で計算され、被保険者それぞれに対して通知されます。

保険料の納め方

保険料は原則として年金からの天引きで納めます。ただし、年金額が年間18万円未満の方や、介護保険料と後期高齢者医療保険料を合わせた額が年金額の2分 の1を超える方については、年金からの天引きは行なわれず、納付書や口座振替で納めます。(年度の途中で転入した方や75歳になった方も年金からの天引きが始まるまでの間、納付書や口座振替で納めます)
また、年金からの天引きの方は、希望により口座振替に変更できますので、役場健康推進課国保年金係へお尋ねください。

こんなときは届け出を

届け出について
こんなとき  手続きに必要なもの 手続き場所
県外の他市町村から転入してきたとき 前年中の収入がわかる書類、負担区分等証明書、印鑑
波佐見町役場
健康推進課 国保年金係
生活保護を受けなくなったとき 保護廃止決定通知書、印鑑
波佐見町役場
健康推進課 国保年金係
生活保護を受けるようになったとき 被保険者証、保護開始決定通知書、印鑑
波佐見町役場
健康推進課 国保年金係
被保険者証をなくしたとき
(再交付)
身分証明書(運転免許証、住民基本台帳カード、納付通知書など)
印鑑代理人のときは委任状も必要

波佐見町役場
健康推進課 国保年金係
町外へ転出するとき 被保険者証、県外転出の際は印鑑
波佐見町役場
健康推進課 国保年金係
死亡したとき 被保険者証、葬祭を行なった証明、葬祭者の預金通帳、葬祭者の印鑑
波佐見町役場
健康推進課 国保年金係
65歳以上で一定の障害の状態にある方
身体障害者手帳1〜3級と4級の一部、療育手帳A1・A2、障害年金1・2級、障害者手帳(精神)1・2級
身体障害者手帳、療育手帳、障害年金証書、障害者手帳(精神)等、現在加入している医療保険証、印鑑
波佐見町役場
健康推進課 国保年金係
高額医療費支給申請 被保険者証、支給者対象名義の預金通帳、印鑑
波佐見町役場
健康推進課 国保年金係
限度額適用・標準負担額減額認定申請 被保険者証、老齢年金を受給している人は年金証書、過去1年間の入院日数90日を超える場合は入院日数を確認できる書類(領収書など)
波佐見町役場
健康推進課 国保年金係
特定疾病認定申請 特定疾病認定意見書、被保険者証、印鑑
波佐見町役場
健康推進課 国保年金係
交通事故があったとき 被保険者証、事故証明書、疾病届、事故発生状況報告書、印鑑
波佐見町役場
健康推進課 国保年金係
この記事に関するお問い合わせ先

波佐見町役場 健康推進課 国保年金係

電話番号:0956-85-2111(代表)
ファックス:0956-85-5581
メールフォームからのお問い合わせ