波佐見町
《文字サイズ》
標準 大 特大
ホーム 町の紹介 暮らしの窓口 楽しむ・遊ぶ 学ぶ・ふれあう まちの仕事
トップまちの仕事企画財政課>旧講堂改修寄附金募集

蘇る旧講堂のために皆様の支援をお願いします。
 現在行っている旧講堂の耐震改修について、寄附を募集しています。
 【旧波佐見町立中央小学校講堂兼公会堂について
 1937年に建設されたこの旧講堂は、隣に建つ中央小学校の小学校の講堂としてだけでなく、地域共有の財産として様々な目的に利用されてきました。
 1995年に中央小学校が移転してからは、老朽化等を理由に使用を制限し、一度は解体方針を打ち出しました。しかし、地域住民やNPOを中心とした保存運動や、利活用に向けた取組によりその方針が覆され、今年度から更なる利活用と保存に向けて耐震改修工事に着手しています。
 
 
 【今回の工事について
 今回の改修においては、「現在の旧講堂の姿を守ること」が最も重要な目的になります。
 そのため、築80年になる木造建築として、現在の雰囲気、意匠、素材感を保ちつつ、通常の使用に耐える改修を行うため、専門的な施工が必要になります。剥ぎ取った壁材や床材は保存し、再利用できるものは積極的に使用するほか、窓や扉などの建具についても、一度取り外して必要な補修を行い、当時の施工、元にあった場所へ設置します。
  また、どうしても取替えが必要な箇所においても、技術の保存を視野に入れながら、雰囲気が近い建材や古材などを探し出し使用することとしています。
  例えば…
強度計算に基づき、該当箇所の土壁は一度 崩し、中に耐力壁で補強した後、もとの土 を溶かして塗りなおします。建具のガラス についても、素材感の近いものを継ぎ足 す形でもとの形に近づけます。
 
 【旧講堂の修復に向けて!
 現在行われている旧中央小学校講堂兼公会堂の耐震改修工事への寄附を受け付けています。お寄せいただいた寄附の金額に応じた記念の品をご用意していますので、多数のお申込、ご支援を宜しくお願いいたします。
  対象者】 町内在住の方町外在住の方
お礼品】  記念絵はがき
        記念絵はがき+瓦裏面への名入れなど

        ※名入れを行った瓦は実際の屋根に使用するため、記念の写真を進呈いたします。
        ※瓦の設置後は、名入れの面は見えなくなります。ご注意ください。
        ※数に限りがあるため、代理申込は原則お断りしています。ご不明な点があれば担当までお問合せください。
申込方法】 町内在住の方
           → 申込専用ページで申込いただくか
              申込用紙(PDF:124KB)(WORD:44KB)を波佐見町役場企画財政課に提出をお願いします。
              ※申込用紙は波佐見町役場2階企画財政課窓口でも準備しています。

         町外在住の方
           → 「ふるさとチョイス」で申込いただけます。

申込期間】 平成29年2月17日〜3月20日
 町内、町外の方からの寄附を受け付けています。親戚や、ご友人にも是非お声掛けください。
 
【お問合せ】
 〒859−3791
  長崎県東彼杵郡波佐見町宿郷660番地
  波佐見町役場 企画財政課財政管財係 担当:小柳
  TEL:0956−85−2111(内線:214)
  FAX:0956−85−5581