波佐見町
《文字サイズ》
標準 大 特大
ホーム 町の紹介 暮らしの窓口 楽しむ・遊ぶ 学ぶ・ふれあう まちの仕事

トップまちの仕事商工振興課観光情報陶郷中尾山>桜陶祭

世界最大級の登り窯が2基ある里
    第28回 陶郷中尾山
 
 
CHERRY&CERAMICS FESTIVAL HASAMI
今年も4月の第一土日に波佐見町陶郷中尾山一帯で桜陶祭が開催されます。
器販売はもちろんの事、普段中々見ることが出来ない窯元をめぐり、春の心地よい風の中、
大人気の桜陶祭限定の陶箱弁当で舌鼓しながら各種イベントに参加しながら
「今、中尾山が面白か〜」を合言葉に、桜満開の下、窯元めぐりに散策してみませんか?
お知らせ
▲チラシ(PDF:3.3MB)
   ◆たくさんのご来場ありがとうございました。今年の桜陶祭は終了しました。
   ◆桜陶祭の放送動画を公開しています。
   ◆陶箱弁当のページはこちら。(各窯元の作品が完成次第、随時更新します。)
   ◆中尾山交流館のフェイスブックを開設しています。
 ■開催日程
平成28年4月2日(土)・3日(日) 雨天時決行 午前9時〜午後4時まで
 ■開催場所
◆波佐見町中尾山一帯
 ■イベント内容
<桜陶祭プレイベント企画展>春のうつわ〜花〜展
 ■場所 中尾山交流館2階
 ■開催日 平成28年3月19日(土)〜4月3日(日)
 ■休館日 毎週火曜日(午前9時〜午後5時)
・窯元めぐりウォークラリー  
・窯炊きゲーム
 午前10時〜15時 交流会館前
・ミュージカル(観覧無料)
  3日(日)午前11時から交流館
      午後3時から四季舎
 
ご注文は直接窯元へお問合せください。 市外局番(0956)
◆陶箱弁当のページはこちら(昨年度分。各窯元の作品が完成次第、随時更新します。)
  

有料駐車場のご案内
午前9時〜午後4時まで
※各駐車場に色が割り振られますので、シャトルバスでの移動の際にご利用ください。なお、雨天時は、Cの駐車場はぬかるみますので、@〜B,Dの駐車場をご利用ください。
  @東小学校(そら色
  Aやきもの公園(うぐいす色
  B工業組合・工業組合横(黄色
  C中尾グラウンド(ピンク色
  D十八銀行(白色)
B工業組合駐車場から無料シャトルバスが出ます。(会場まで約5分)
当日イベント・案内マップは無料シャトルバス下車後、中尾郷内2箇所(永田広場・中尾グラウンド)で配布しております。
以前駐車場として利用していたC付近の永田広場については駐車禁止となっています。嬉野方面からお越しの際は、Aやきもの公園やB工業組合の駐車場をご利用ください。
C中尾グラウンドに駐車される場合は、桜陶祭会場付近は混雑が予想されますので、工業組合横から入る道路を直進し、鬼木郷を通過するようお願いします。


 ■お問合せ先  
(桜咲く桜陶祭の風景)
陶郷中尾山交流館 電話0956−85−2273
波佐見町観光協会 電話0956−85−2290
 ■主催
桜陶祭実行委員会(中尾山交流館)
 ■後援
波佐見町、九州旅客鉄道株式会社長崎支社
中尾郷自治会、窯元連合会、婦人部、食生活改善委員会

<<陶郷「中尾山」はこんな所>>
 陶郷「中尾山」は江戸時代の1644年に窯が築かれ、陶磁器の生産が始まりました。
 斜面の傾斜を利用して、いくつもの登り窯が築かれ江戸時代には庶民向けの食器である「くらわんか碗」や海外輸出用のしょう油や酒をいれる瓶の「コンプラ瓶」が生産されました。
 特に巨大な登り窯で大量生産された「くらわんか碗」は初めて庶民が手にすることができた磁器碗として庶民に広く愛され続けました。
 その伝統は連綿と引き継がれ、18の窯元により陶郷「中尾山」は守られています。
 近年は、「碗・moreぎゃらりー展」に代表される新しい創作活動も盛んで、温故知新の器づくりが行われています。
 
 また、中尾山には、170mを超える世界最大の登り窯の「大新窯登窯跡」や「中尾上登窯跡」があり、中尾山の伝統を垣間見ることができます。
 
←世界最大級の「大新登窯跡」(手前)
          「中尾上登窯跡」(奥) ※点線内

 ◆陶郷中尾山ホームページはこちら

    >> ページトップへ