波佐見町
《文字サイズ》
標準 大 特大
ホーム 町の紹介 暮らしの窓口 楽しむ・遊ぶ 学ぶ・ふれあう まちの仕事

トップまちの仕事商工振興課>国登録有形文化財(旧講堂)


旧講堂が国登録有形文化財に登録されました。
町が利活用の一環として国の登録有形文化財に申請を行なっていた旧波佐見中央小学校講堂兼公会堂(旧講堂)が1月15日付けで登録されました。

昭和12年に旧波佐見尋常高等小学校講堂として建設され、戦後の学制改革を経て中央小学校講堂兼公会堂として引き継がれ、平成7年に中央小が移転改築後、現在に至っております。

昭和初期の希少な大型木造瓦葺洋館で、今日最後に残された九州一の木造公共施設として貴重な存在である点が高く評価され、国の文化審議会の答申を経て登録が決定しました。