波佐見町
《文字サイズ》
標準 大 特大
ホーム 町の紹介 暮らしの窓口 楽しむ・遊ぶ 学ぶ・ふれあう まちの仕事

トップまちの仕事健康推進課>国民年金について


○国民年金について
公的年金制度は国民年金と4つの被用者年金制度の二階建ての制度になっています。
国民年金(一階部分)
被用者年金制度(二階部分)
厚生年金保険
国家公務員共済組合
地方公務員等共済組合
私立学校振興、共済事業団
日本国内に住む20歳以上60歳未満の人は、すべて「国民年金」に加入し、将来共通の「基礎年金」を受けることになります。
◎加入者(被保険者)の種類によって保険料の納付や給付の内容が異なっているために次のように区分されています。
加 入 種 別 加   入   者 加 入 届 先 届出に必要なもの
第1号被保険者 日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の人で、厚生年金や共済組合に加入していない人
(自営業の人とその家族や学生など)
国保年金係 ・印鑑
・年金手帳
・2号保険者であった方は退職証明書
第2号被保険者 会社員・公務員 勤務先が加入手続きを行います。
第3号被保険者 厚生年金保険又は共済組合に加入している人に扶養されている配偶者で、20歳以上60歳未満の人 配偶者(第2号被保険者)の勤務先が加入手続きを行います。
任意加入被保険者(希望により加入できる人) ・日本国内に住む60歳以上65歳未満の方
・60歳未満の老齢(退職)年金受給権者(※1)
・20歳以上60歳未満の在外邦人
国保年金係 ・印鑑
・年金手帳
・老齢(退職)年金受給者は年金証
(※1)昭和40年4月1日以前に生まれた方のみ65歳に達しても年金を受け取る資格が不足している人は資格期間を満たすまで(最高70歳まで)加入できます。
 
国民年金に加入するとき、被保険者の種類が変わるときなどは届出の手続きが必要です。
(届け先は、各総合支所 但し、第2号被保険者は勤務先、第3号被保険者は配偶者の勤務先)

    ・20歳になったとき職場の厚生年金などに加入していない人
       →国民年金の加入届
    ・退職して厚生年金などをやめたとき
       →本人:厚生年金等から国民年金に変わる届
       →扶養されていた配偶者:種類が「第1号被保険者」になる届
    ・希望して任意で加入するとき
 
◎保険料の納付について(第1号被保険者)
 保険料は年齢・所得・性別に関係なく月額16,250円です。(平成28年度)
 毎月納付する方法と、6ヶ月分前納や1年分または2年分を前納付する方法があります。
※より多くの老齢基礎年金を希望する人は、付加保険料として毎月400円を追加することができます。
 
◎保険料が納められないとき(国保年金係で受け付けています。)
 経済的理由などで、保険料を納めることが困難な方には、保険料の減免申請ができます。
 また、学生の方で保険料を納めるのが困難な場合は、学生納付特例制度があります。
 免除された保険料は、免除された期間から10年以内であれば、さかのぼって納めることができます。
◎年金相談
 奇数月の第1水曜日(1月の第1水曜日は1〜3日の場合は第2水曜日)、諫早年金事務所の相談員による年金相談を役場会議室で行っています。
 事前に役場健康推進課国保年金係で予約ができます。お気軽にご相談ください。
◎年金には次のような種類があります。
種別 受けられる人 年金額
老齢基礎年金
65歳より(※2)
国民年金保険料を納めた期間(保険料免除期間等を含む)が25年以上ある方 満額780,100円
(納付月数によって計算されます。)
遺族基礎年金 国民年金加入中の死亡または老齢基礎年金を受ける資格のある人などが亡くなったとき、その方によって生計を維持されていた「子(18歳未満)のある配偶者」、または「子(18歳未満)」 772,800円
(1)配偶者が受給するときの加算額
 2人目まで 各222,400円
 3人目以降 各74,100円
(2)子が受給するときの加算額
 2人目    各222,400円
 3人目以降 各74,100円
寡婦年金 老齢基礎年金の受給資格がある夫が、年金を受けれずに亡くなられたとき、妻(婚姻期間10年以上)が60歳から65歳になるまでの間 夫が受けることのできた老齢基礎年金(付加年金を除く)の4分の3の額
障害基礎年金 国民年金加入中、及び20歳前に障害者になったときや、60歳から65歳までに初診日がある病気、けがで障害者になったとき。 1級  966,000円
2級  772,800円
※18歳未満の子(障害者の方は20歳未満)がいるときの加算額
 2人目まで 各222,400円
 3人目以降 各74,100円
(※2)希望すれば60歳から64歳までの間も受給できますが、受給額が減額になります。
◎国民年金の死亡届について
 【国民年金のみを受給されていた方が亡くなられた場合】

14日以内に『国民年金受給者死亡届』を提出してください。(戸籍の死亡届とは別の書類です)
国民年金を受給される権利は、死亡された月まであります。ご遺族は、すみやかに『未支給年金請求書』を提出してください。未提出だと不正受給となり、罰せられる場合があります。
 【厚生年金加入者が亡くなられた場合】
 ※ 諫早年金事務所(電話0957-25-1662)や年金相談の際にご相談ください。なお、年金相談は予約制です。
 
 【国民年金を受給される前に加入者が亡くなられた場合】 
 ※ 年金受給される前の国民年金加入者が亡くなられた場合、ご遺族は『遺族年金』等の受給ができる場合があります。
波佐見町役場 国保年金係にご相談ください。

 ○お問合せ先
    波佐見町役場 健康推進課 国保年金係 電話0956−85−2111(内線125、126、127)

    >> ページトップへ