波佐見町
《文字サイズ》
標準 大 特大
ホーム 町の紹介 暮らしの窓口 楽しむ・遊ぶ 学ぶ・ふれあう まちの仕事

トップまちの仕事健康推進課>国保の手続き、必要なもの


国保の手続き、必要なもの
国民健康保険
国民健康保険は、職場などの健康保険に加入していない人が加入する保険です。職場の健康保険などに加入している人とその扶養者、生活保護を受けている人を除き、すべての人が加入しなければなりません。
加入者は次のような給付が受けられます。
受けられる給付は
●療養の給付
 (病気やけがをしたとき)保険証を使って病院などで診療を受けるとき、患者負担は3割(義務教育就学前まで2割、70歳以上75歳未満の人で昭和19年4月1日以前の生まれの方は1割、昭和19年4月2日以降の生まれの方は2割、または3割)で、残りを国民健康保険が負担します。

●療養費の支給
 旅行中、急病のため保険証を持たないまま病院にかかった(医療費の全額を支払った)場合など、申請すると払い戻しが受けられます。(一定の審査基準があります)

●高額療養費の支給
 入院などで高額の医療費を支払った場合は、申請すると、一定額を超えた分について、払い戻しがあります。適用対象外となる費用などもありますので、申請の前に国保年金係にお尋ねください。


●葬祭費の支給
波佐見町国民健康保険の被保険者が亡くなられたときには、葬祭費として2万円が支給されます。手続きには以下のものをお持ちください。
 1.国民健康保険被保険者証(手続きの際に返還していただきます)
 2.葬儀を行なった方(喪主)の申請となります。
 3.葬儀を行なった方(喪主)の通帳
 4.葬儀を行なった場合は、会葬御礼のハガキ
 5.印鑑

保険料は
 国民健康保険料は、所得割、資産割、平等割(世帯あたり)、均等割(被保険者あたり)の合計額で計算され、納付額は世帯主に通知されます。(40歳から64歳までのかたは介護保険分が加わります)国民健康保険を運営するための大切な財源ですから、必ず納期内に納めるようにお願いします。

こんなときは届け出を 
 次のような場合は、健康推進課 国保年金係に必ず届け出をしてください。
区分 こんなとき 手続きに必要なもの
国保に入るとき 波佐見町に転入したとき 前年中の収入のわかる書類、印鑑(住民異動届と同時に)
職場の保険をやめたとき 退職証明書、前年中の収入のわかる書類、印鑑
子どもが生まれたとき 保険証、印鑑(出生届と同時に)
生活保護を受けなくなったとき 印鑑
国保をやめるとき 町外に転出するとき 保険証、印鑑(住民異動届と同時に)
職場の保険に入ったとき 印鑑、国保の保険証、会社の保険証
死亡したとき 保険証、印鑑(死亡届と同時に)
生活保護を受けるようになったとき 保険証、印鑑
その他 住所、氏名、世帯主が変わったとき 保険証、印鑑(住民異動届と同時に)
世帯を分けたり、合併したりしたとき 保険証、印鑑(住民異動届と同時に)
保険証を紛失したとき(再交付) 印鑑、身分証明書(免許証、納税通知書など)、代理人のときは委任状も必要
学校または施設に通うため住所を離れるとき 印鑑、保険証、在学または在園を証明するもの(在学証明書、在園証明書など)
交通事故にあったとき 保険証、事故証明書、傷病届、事故発生状況報告書、印鑑

○お問合せ先
  波佐見町役場健康推進課国保年金係 電話0956−85−2111(内線125、126、127)