波佐見町
《文字サイズ》
標準 大 特大
ホーム 町の紹介 暮らしの窓口 楽しむ・遊ぶ 学ぶ・ふれあう まちの仕事

トップまちの仕事教育委員会事務局>教育方針


波佐見町教育方針
 波佐見町教育委員会は、長崎県の教育方針をふまえ、学校・家庭・地域が一体となって町民憲章の実現に努め、それぞれの立場における教育機能を十分発揮するとともに、相互の連携を深めて、心豊かで活力と潤いに満ちた町づくりを期する。
 このため、生涯を通して積極的に自己啓発学習に努め、人間としての尊厳と責務を自覚し、郷土および国家・社会の担い手としての役割を果たす町民の育成を図る。特に、教育に携わるものは、子どもたちに深い愛情を注ぎ、その使命感に徹するとともに、服務の厳正を期し、自らの識見を高め、深い教育学と指導力を身につけ、個性豊かな人間の育成を図る。
<努力目標>
1.学校教育
(1) 学校職員は使命感に徹し、校長を中心として教育改革の趣旨に沿った校内研究を行い、指導力を高め、確かな学力の向上に努める。
(2) 信頼と敬愛に満ちた師弟関係を育て、子どもの悩みや思いをしっかり受けとめ、一人ひとりに行き届いた心のふれあいのある教育を推進し、人間性豊かな子どもを育てる。
(3) 児童・生徒の個性の伸長に務め、自ら学ぶ意欲やたくましく思いやりのある豊かな心を育て、体力の向上に努める。
(4) 地域に根ざした学習活動を行い、郷土の歴史や文化に親しみ、郷土の豊かさをはぐくむ教育を推進する。
(5) 子どもの感性や表現力、創造力を高めるため、読書活動の機会の充実、及び読書の習慣化に努める。
(6) 情報活用能力の育成、国際感覚の豊かさをはぐくむ教育を推進する。
(7) 安全、安心な食生活で、健康的な体力を維持するため、食育に務める。

2.社会教育
(1) 生涯学習施設の有効活用を図り、町民自らが生涯の各時期に応じて自己を磨く生涯教育を推進する。
(2) 家庭教育を重視するとともに、「やさしい心」「たくましく生きる力」をはぐくむため、学校・地域・PTA等と連携・融合し、青少年の健全育成に努める。
(3) 社会体育施設の有効活用と整備を図り、生涯スポーツ・レクリェーション、競技スポーツ活動を推進し、町民の健康づくりと町の活性化に努める。
(4) 各種文化団体と連携し、文化活動の活性化と継承に努め、優れた芸術発表や公演などを推進し、文化意識の高揚を図る。
(5) 各地域の環境や特性を生かした自治公民館活動を推進し、地域住民の自主自発的なまちづくりへの参加を促進する。
(6) 人間尊重の精神を基調とする人権教育を推進する。
                  
3.文化財保護
(1) 陶磁器生産の歴史を示す国指定史跡「肥前波佐見陶磁器窯跡」の保存管理計画策定を進めるとともに、重要な史跡や人形浄瑠璃・浮立等、有形無形の文化財の保存及び後継者の育成に努める。