波佐見焼

更新日:2018年03月23日

受け継がれ、磨かれてゆく 華麗な伝統の美

陶芸の館の入り口の写真
食器の写真
陶芸の館にお住まいの「絵付師ロボット」源さんの写真

陶芸の館にお住まいの「絵付師ロボット」源さん。

歴史が石と炎の文化を生み、波佐見焼の文化が歴史を生んだ。

江戸の昔から庶民の暮らしに深く関わり、ともに歩んできた波佐見焼。今日まで日本の食文化に大きな影響を与えて来ました。

400年の伝統と庶民の暮らしに生きる波佐見焼

 波佐見焼の誕生は今からおよそ400年も前にさかのぼります。慶長3年(1598)、文禄・慶長の役に参加した大村藩主・大村喜前は朝鮮の陶工・李祐慶兄弟たちを連れ帰りました。その翌年彼らが波佐見町村木の畑ノ原、古皿屋、山似田に階段状連房式登窯を築き、やきものづくりを始め、ここに波佐見焼は産声をあげたと伝えられています。はじめは施釉陶器をつくっていましたがその後、磁器の原料が発見されてからは急速に染付と青磁を中心とする磁器生産に移行します。後に大村藩の特産品に数えられ、江戸後期には日本一の磁器生産量を誇るまでになりました。

 当時の波佐見焼を代表するのが「コンプラ瓶」と「くらわんか碗」です。コンプラ瓶は醤油や酒用ボトルとして、長崎出島からオランダ・インドネシアなどに向けて盛んに輸出されていました。瓶にはオランダ語で「日本の酒」、「日本の醤油」と記されています。一方くらわんか碗は少し粗い白磁に呉須(藍色)で簡単な模様を描いた器で、大量生産によって、それまで庶民の手に届かなかった磁器碗を手頃な価格にし、多くの庶民の人気を得ます。日本の器・食文化の発展に大きな影響を与えたと言えるでしょう。毎日の暮らしの中で使える、手頃でしかも良質な食器を提案するという姿勢は、現在まで変わることなく波佐見焼の心となっています。

生活に根ざした新しい焼物の創造。

 今では、日用食器の全国シェアー12%をもつ波佐見焼ですが、その中にはグッドデザイン賞を受けている製品もあり、産地をあげて質の高い製品づくりを目指しています。波佐見焼の特徴は、透けるような白磁の美しさと呉須 で絵付された染付の繊細で深い味わいにあります。そして、現代の暮らしと食文化に調和した波佐見焼は、様々なニーズに応じた一般家庭用食器から伝統的で華麗な工芸品、モダンなデザインのギフト用品まで幅広く生産されています。

青磁の写真
コンプラ瓶の写真
ロクロの写真
波佐見焼の食器を使用した食卓のイメージの写真
くらわんか腕の写真

絵付け、ろくろ体験のできる施設

中尾山伝習館

〒859-3712
長崎県東彼杵郡波佐見町中尾郷332
電話番号:0956-85-6127
ファックス:0956-85-6127

陶芸の館

〒859-3711
長崎県東彼杵郡波佐見町井石郷2255-2
電話番号:0956-85-2214
ファックス:0956-85-2856

リンク集

陶器関係

この記事に関するお問い合わせ先

波佐見町役場 商工振興課 商工観光係

電話番号:0956-85-2162
ファックス:0956-85-5581
メールフォームからのお問い合わせ